マキベリーの効果に注目

マキュベリーの実 マキベリーは最近話題のスパーフードですが、特に栄養素のポリフェノールはなんとブルーベリーの14倍、アサイーの5.4倍、アントシアニンはブルーベリーの9倍、アサイーの3倍。 この栄養素の注目すべき効果は、美容と老化防止にあります。特にアントシアニンは視力回復にも効果を発揮してくれます。


マキベリー贅沢配合1日分510ml!『クッキリン』

驚異の果物「マキベリー」にはどんな効果があるの??

美肌と美容効果

マキベリーの美容効果

マキベリーのもっとも多い栄養成分、アントシアニンの強い抗酸化作用は、シミやしわなどの肌の老化を防ぎ、紫外線からも守ってくれる働きがあります。 また、ビタミン、ミネラルが豊富で、必須脂肪酸も含まれているのでダイエットにも効果があります。


抗酸化力で老化防止

マキベリーの抗酸化作用

ポリフェノールの一種であるアントシアニンの主な成分が、マキベリーの色素であるテルフィニジンですぐれた抗酸化作用、抗菌作用は、老化現象を引き起こす 活性酵素を除去することで老化防止に効果があります。注目のテルフィニジンを計測する単位に「ORAC抗酸化スケール」がありますが、その値では、ブルーベリーの数値が 35に対してマキベリーは616、この驚くマキベリーの数値は、正常細胞を破壊する活性酸素を除去するアンチエイジング効果を発揮するのです。


視力、眼精疲労の回復

マキベリーの視力回復効果

眼精疲労は目を酷使することによる網膜の血行不良が一時的に視力が落ちる「仮性近視」を引き起こします。アントシアニンがたっぷり含まれたマキベリーを摂る ことで視力、眼精疲労を回復させます。また、アントシアニンは網膜の視視力情報を脳に伝達する「ロドプシン」の合成を促進させる働きがあります。


 

マキベリーに含まれる栄養素

マキベリーの栄養素

カルシウム カリウム ナトリウウム マグネシウム マンガン ビタミンA ビタミンB1 ビタミンB16 ビタミンE パントテン酸 ビオチン フィロキノン 葉酸 リン 鉄 銅


 

マキベリーで期待できる効果

マキベリーで期待できる効果

生活習慣病の予防 美容効果 視力、眼精疲労の回復 動脈硬化予防、老化防止と育毛作用があります。


 

マキベリーはマキベリーパウダーで摂取

マキベリーパウダーは、ジュースやヨーグルト、スムージー、アイスクリームなどに入れて手軽に摂取することができます。

マキベリーの効果で特に注目する抗酸化作用(老化防止)

抗酸化活性指標のORAC値で、非常に強い抗酸化活性があることが解ります。 下記のスパーフルーツと言われるブルーベリー、クランベリー、カシス、ラズベリーなどとの比較ですが、圧倒的に抗酸化活性が高いですね。

各種フルーツ(生)のORAC値 マキベリー以外は文献値(3)を引用 (2) Brunswick Laboratories (USA) (3)"USDA Database for the Oxygen Radical Absorbance Capacity (ORAC) of Selected Foods, Release 2"

ページトップに戻る